レーシックの再手術は可能?リスクや危険性は?

レーシックは成功率の高い手術として知られていますが、利用した機械は勿論の事、その人の年齢、生活環境等によっても視力には変化が出てしまうことが有ります。
その為、レーシックをすればずっと術後と同じ様に見えると言う訳ではなく、人によっては再手術を行う事になる場合があるのです。
特にこれは手術を受ける人の年齢、さらにどれ位の矯正が必要だったかと言う事出も変わっており、40歳以上の人やかなり目が悪い人の場合は再手術の可能性が増します。

ただレーシックの再手術自体は可能で、もちろんその成功率は1回目の手術と同じ様に高い物となっています。
しかし手術を重ねると角膜の強度がどうしても低くなってしまうので、リスクや危険性を低くする為にもクロスリンキングを行う必要が出て来ます。
これを行う事によって、角膜の強度を高めることができるからです。

再手術が必要な人とそうでない人の違いは?

元々それ程目が見えていなかった人がレーシックによって一時的にかなり視力がアップした場合、もしそこから視力が低下して0.7位になったとしても、日常生活には殆ど支障をきたす事は有りません。
もちろん本人にとっても眼鏡やコンタクトレンズを必要とする訳ではないので、この場合は再手術をする必要はないと言う事になります。
その人の目の状態は勿論の事、生活習慣や置かれている環境、さらにどれ位目を酷使するか、視力がどれ位ある必要があるか等によってもレーシックの再手術の必要性は変わってきます。
またその時はしっかりと病院で説明を受け、さらに高い技術が有るところで手術を受ける方はリスクが危険性が低くなります。