視力測定の検査「赤緑テスト」を行なう意味とは?

視力測定の検査で赤緑テストと呼ばれる、背景が赤と緑の中に黒の二重丸が書かれたボードのようなものを見せられて、赤と緑、どちらのほうがはっきり、くっきりと見えますかと聞かれることがありますが、これは一体何を測定しているのでしょうか。視力検査で赤とか緑というと、色盲とか色弱を調べているのではないかと思われるかもしれませんが、実はこれは色盲とか色弱とは全く関係がありません。

じゃあ「赤緑テスト」って一体何のためにあるの?

これは、コンタクトレンズや眼鏡を新たに作るときに、レンズの度が合っているかどうかを調べるためのものです。赤と緑とでどちらも同じくらいにはっきりと見えるときがちょうどよい矯正状態になっていることを表わします。一般的には、近視をコンタクトレンズや眼鏡で矯正しようとしている人が多いでしょうが、近視の人の場合、矯正前にはどちらも同じようにはっきり見えるか、あるいは赤のほうがはっきり見える人が多いはずです。これが、矯正後には緑のほうがよく見えるようになったときには、それは矯正のしすぎ、つまりレンズの度が強すぎる可能性があります。

つまり、この検査によって、コンタクトレンズや眼鏡の度がちょうど合っているかどうか、矯正のしすぎではないかを把握することができるのです。もちろん、矯正の度合いは、このような色を用いたテストをしなくても、よく見えるか、きちんと見えるかを把握することでも可能ではあります。しかし、ヒトの目はある程度であれば当然ながらピント調整ができますので、単によく見えるかどうかだけでは適切に把握しきれないことも多く、そのために色を用いて判断しているのです。